純金糸

寺島保太良商店は明治三十年の創業以来、京都紫野にて金銀糸を通じて皆様の「たから物づくりのお手伝い」を営んでまいりました。純金・純銀を用いた金銀糸は高貴な人々の衣装装束に使われてきた歴史もあり、現在の豪奢な呉服にも引き継がれています。また祇園祭をはじめとした日本各地のお祭りのかざり幕や、大相撲の化粧まわしなどをはじめとして、古くから日本の伝統文化に根ざす神事、祭礼、慶事に使われてきた歴史があります。

金の持つ意味合いは、永久不変、名誉、繁栄、高貴を表し。銀の持つ意味合いは、誠実、純潔、破邪、魔除けを表します。そのような金銀の輝きを糸としてものを形作ることは、人々の良縁を結びつける力があります。

tabaneは様々なクリエイターの皆さんの協力で制作をしています。金銀糸の作り手、漆塗り職人さん、飾り金具職人さん、デザインクリエイターの皆さん。古くからの技術と素材。新しい感覚と感性。tabaneの名の由来は純金糸の束の表情もさることながら、様々なクリエイターの技術や才能や発想や知恵がたばなって生まれたの意味も込めています。

メッセージ

tabaneをご覧くださる皆様に、tabaneを身に着けてくださる皆様に、あたらしいたばねが生まれることに願いをこめました。そんな思いを込めて一生懸命つくったtabane。たくさんの皆様にtabaneと一緒に、「たから物の時間」をぜひ楽しんでいただけますと幸いです。

TOPへ戻る